お部屋探し編

1DKで同棲はできる?できない物件もある?カップルにオススメの間取りは?

同棲を始めるにあたってまず間取りを決めなくてはなりませんが1DKは同棲に適しているのでしょうか。また、1DKで同棲できないパターンや注意点。同棲に向いているオススメ間取りを紹介します。

①1DKで同棲はできる?

1DK(ワンディーケー)とは

4.5帖以上8帖未満のキッチンがある部屋とプラス1部屋がある間取りのことです。DKはダイニングキッチンの略で食事ができる広さを確保した部屋という意味合いがあります。
※イメージ

1DKで同棲できる?

実際に1DKで同棲されている方も多くいますが1DKでの同棲ができない場合があります。

物理的(広さ)的に大丈夫だと思っても条件や審査等で借りられないことも。実際にどういう場合が同棲できないか見ていきましょう。

②同棲(2人入居)できない場合

どのような場合同棲できないのか理由は主に2つあります。

1.2人入居不可物件

1DKは2人で住むには少し狭いのもあり大家さんが単身者のみ入居可にしている物件も結構な割合であります。

せっかく良いなと思った部屋が2人入居不可だと骨折り損なので不動産屋に行った際はまず初めに同棲で2人で住みたい旨を伝えましょう。

あまお
あまお
ネットで探す場合も『2人入居可』を条件に入れて探そう!

2.婚約(又は入籍)してないと不可の物件

カップルは別れてしまった場合、どちらかが出ていってしまって家賃が払えなくなったり、責任の所在が分からなくなる危険性があります。それを防止するため入居は婚約又は入籍している人に限る場合が稀にあります。

2人の関係性は『婚約者』に

この場合の解決策としては申込書を書く時、2人の関係性を『婚約者』とします。まだ、籍は入れていないが結婚する予定だということにすれば別れてしまう心配は少なく審査が通りやすくなります。婚約者と書いたからといってなにか証明する必要もないので是非活用してください。

あまお
あまお
もちろん籍を入れていれば夫、妻の関係で良いよ!

 

③同棲にオススメの間取りは?

同棲生活を快適に過ごすためにも間取り選びは非常に大事です。希望ではない間取りではストレスを溜めてしまい2人の関係にも悪影響です。事前にしっかり話し合い決めるようにしましょう。それではオススメ間取りの候補と理由を見ていきましょう。

最有力候補 1LDK

同棲で一番人気なのが広めのリビングと寝室がある1LDKです。広さ、家賃、使い勝手などバランスが取れていて初めての同棲の人にもオススメです。間取りに迷ったときはまず1LDKで探してみましょう。


※イメージ

プライベート重視の2DK

他の2つより1部屋多くそれぞれのプライベート空間と収納が確保できるのが2DKです。また、1LDKと家賃相場が近いので2DKを選ぶカップルも多くオススメです。


※イメージ

あまお
あまお
理想は2LDK以上だけど家賃が高額なので結婚して子供ができて手狭になるまではこの3種類のどれかで良いと思うよ!

 

④まとめ、不動産屋の観点

 

要点まとめ

・1DKで同棲はできる

・できない場合もあるので注意

・審査時は婚約者で提出

・オススメの間取りは1LDK

 

いかがでしたか。同棲は一人暮らしと違い共同生活なのでお互いよく話し合って決めるようにしましょう。1DKは2人入居不可の場合があったり広さ的に少し窮屈なので金銭面に余裕がある人は1LDKや2DKなどにするのをオススメします。より快適に過ごすために事前に正しい知識をつけてお部屋探しに失敗しないようにしましょう。

 

あまお
あまお
最後まで読んでくれてありがとう!他にもためなる記事があるから関連記事から飛んでみてね!