お部屋探し編

免許証や身分証と現住所が違うと審査が通らない?契約できない?理由は?

免許証などの住所を現住所に移す手続きは少し面倒です。変えずに放置してしまうと新しく賃貸契約を結ぶ時、身分証が現住所と異なると審査に落ちたり賃貸契約はできないのでしょうか。また、住民票の住所も違うとダメなのか。理由や対処法も見ていきましょう。

現住所と違うと審査が通らない?

賃貸契約をする際の必要書類として免許証やパスポートなどの住所の記載がある身分証を提出しますが記載の住所と今住んでいる現住所が住所変更のし忘れで食い違う場合は審査が通らなかったり賃貸契約は結べないのでしょうか。

結論は・・・

身分証の住所が違うと保証会社の審査に通りません。住所が違うのが原因の場合は再提出になるので契約自体が白紙になることはありませんが住所変更をして正式なものを提出しなくてはならず間に合わなければ審査に通過できず契約が延びてしまいます。保証会社を利用しなくても審査が厳しいところでも同様ですのでどちらにしても変更しておくことをオススメします。

また、再提出して無事審査が通っても手続きをちゃんとしないルーズな人だと不動産屋や大家さんから不信感を抱かれたり今後にも影響してしまうので注意。

②住民票の住所が違う場合

ここでは住民票の住所が現住所と違う場合を見ていきましょう。

審査に住民票は不要

住民票は審査の段階では不要で、審査通過後から契約するまでの間の日もしくは契約日に提出になります。取り急ぎは免許証などの身分証の住所が現住所になっていれば審査は問題ありません。

ただし、住民票は賃貸契約では必須なのでそのせいで契約できなということは少ないですが住所変更をして再提出させられたり契約前にバタバタしてしまうので必ず現住所のものを提出しましょう。

住民票が現住所じゃなくていい場合
転勤が多い人(1年ほどで住所が変わる見込みの人)や生活拠点が実家である人などは都度変更するのは大変なので住民票の住所が現住所と違くても認められます。

 

③ダメな理由は?対処法は?

身分証も住民票も基本的に現住所と違うと審査に通らず、契約もできませんがなぜダメなのか、その理由を見ていきましょう。

正確な住所確認

身分証や住民票の住所が現住所と違うと2つ住所が存在することになりますが実際にどっちに住んでいるかは保証会社や不動産屋は分かりません。そうするといくら口頭で現住所はこっちと言っても書面上現住所を証明できないので審査や契約ができません。住所は本人確認の重要な項目なので書類上の相違がないようにしなければなりません。

あまお
あまお
○○在住の△△さんと□□在住の△△さんでは書面上別人物になってしまうので業務的にはじかれちゃうんだ!

対処法は?

対処法は素直に住所変更するのが一番早くて正確な方法です。虚偽の申告で通過しようとするのはバレた時に最悪契約解除になるので絶対しないようにしてください。

④免許証、住民票の住所変更方法

ここでは免許証と住民票の住所変更を解説しますが下記外部リンクで分かりやすく解説しているので必要な方はご確認ください。

運転免許証の住所変更の方法とは?必要書類や期限について|

役所での住民票の住所変更(転出届・転入届・転居届)手続き |

⑤不動産屋のアドバイス

いかがでしたでしょうか。引っ越し前後ではバタバタするので身分証や住民票を移すのが面倒ですが賃貸契約ができなくなってしまうので遅くても部屋探し前までには手続きを終わらせるようにしましょう。

あまお
あまお
最後まで読んでくれてありがとう!他にもためなる記事があるから関連記事から飛んでみてね!