お部屋探し編

手取り15万円で一人暮らしはできる?最適な家賃と生活費の内訳は?

手取り15万円で一人暮らしは実際に可能なのか、また適正な家賃はいくらなのか、生活費の内訳はどうするのが理想なのかなどを見ていきましょう。

①家賃の適正額は?計算方法は?

手取り15万円ほどだと適正家賃はどれくらいになるのか、またその算出方法を見ていきましょう。

給料の額面金額の30%ほどが適正

家賃適正で『手取りの30%』という記事を目にしますが実際は『額面(月収)の30%』ほどが適正で実際にその割合で部屋を借りている人が多いです。手取り15万だと額面は18、9万円ほどになるので適正の家賃は6万円前後になります。

あまお
あまお
額面とは税金などを差し引く前の収入額を言うよ!月収も額面のことを指しているよ!

②手取り15万で一人暮らしできる?

上記の適正家賃を守れば一人暮らしは十分に可能です。

ただし、都内や都心部では家賃が合わず、部屋の条件を妥協するか都心から少し離れた場所を選ばなくてはなりません。

参考までに東京都23区ではワンルーム・1Kの家賃相場はおおよそ8万円前後です。

生活費の内訳は?何を節約すべき?

一人暮らしは可能で適性の家賃も分かったところでここからは月の生活費の理想の内訳を見ていきましょう。

手取り15万円生活費の内訳目安

家賃:6万円
食費:3万円
水道光熱費:0.7万円
スマホ・ネット代:1.2万円
交際費・娯楽費:2万円
日用品・衣類代:1.5万円

合計:14.4万円

ご覧の通り結構カツカツの設定なので急な出費は預貯金から捻出しなければなりません。十分生活はできますが貯金をしたい場合は節約をしましょう。

節約するなら家賃・食費

適正家賃は6万円ほどですが節約するなら家賃は低いに越したことはありません。部屋のクオリティを妥協できるラインまで下げて安くするのも手です。食費も基本的に自炊、外食でも安いチェーン店を利用すれば2万円ほどに抑えることもできます。

あまお
あまお
他にも格安スマホを使ったりなど自分なりの節約もしてみよう!

④不動産屋のアドバイス

いかがでしたでしょうか。優雅にとはいきませんが十分一人暮らしは可能なので節約などを屈指して一人暮らしにチャレンジしてみてください。

あまお
あまお
最後まで読んでくれてありがとう!他にもためなる記事があるから関連記事から飛んでみてね!