お部屋探し編

フリーレントとは?メリットデメリットは?探す方法は?交渉のコツは?

賃貸で『フリーレント1ヶ月!』のようにたまに見かけるフリーレント物件。中にはフリーレント物件を狙って部屋探しをする方もいます。この記事ではフリーレントの意味、メリットデメリット、注意点などをみていきましょう。

フリーレントとは

フリーレントとは賃貸入居後の一定期間家賃が免除になることです。例えばフリーレントが1ヶ月ついていれば最初の1か月分の家賃が免除になります。

フリーレントのメリット

最初の家賃は初期費用と一緒に支払うのでフリーレント分費用が浮き、初期費用を抑えられます。また、前の物件と新居の家賃を二重に払うことになり負担が大きいのが普通ですがフリーレントでは家賃が被らないのも魅力です。

あまお
あまお
フリーレント期間の相場は1ヶ月分だよ!

②デメリット、注意点とは?

短期解約違約金が設定されている

フリーレントありで入居してもらったのにすぐ退去されてしまっては大家さんは大損です。なのでほとんどの場合、『2年未満で退去した時は違約金が発生します』などの特約が契約に入ります。違約金の額はフリーレント分に合わせられるのが一般的です。

あまお
あまお
違約期間内で退去する予定の場合はフリーレントの意味がなくなるね!違約期間は契約によるので前もって確認しておこう!

家賃が割高に設定されている

フリーレントは費用が抑えられるので飛びつきたくなりますが稀に家賃が割高に設定されている場合があります。例えば適正な家賃より3000円高ければ2年間で72000円にもなるので家賃が相場に合っているかも冷静に判断しましょう。

管理費・共益費はかかる場合あり

管理費や共益費がある場合、フリーレント期間の賃料は免除でも管理費・共益費かかってきます。中には管理費・共益費も免除してくれる大家さんもいるので契約前に確認しておきましょう。

③フリーレント物件の探し方

不動産屋で探すとき

担当者にフリーレント物件が良い旨を伝え探してもらおう。ただフリーレント物件は数が少なく必須条件に入れるのは難しくあったらいいな程度で考えましょう。また、初期費用を抑えたいのであれば礼金なしや仲介手数料が安くなる物件も併せて探してもらいましょう。

ネットで探すとき

ネットでフリーレント物件を探すときはホームズやSUUMOなどでの条件検索でフリーレントを指定して絞り込みができます。

▼HOME’Sパソコン版

▼HOME’Sスマホ版

見つからない時は交渉でフリーレントに

なかなか見つからない時はフリーレントの交渉をしてみるのもアリです。閑散期やなかなか決まらない物件の場合は交渉に応じてくれるかもしれません。

④不動産屋のアドバイス

いかがでしたでしょうか。フリーレント物件のメリットデメリットを理解しお得に活用できるようにしましょう。

あまお
あまお
最後まで読んでくれてありがとう!他にもためなる記事があるから関連記事から飛んでみてね!