なるほど知識編

マンションとアパートの違いは?定義とは?メリットデメリットも解説!

物件には大きく分けてマンションとアパートの2種類があります。この2種類はどのように区別されているのでしょうか。またマンション、アパートそれぞれの特徴やメリットデメリットを見ていきましょう。

①マンションとアパートの違いは?

明確な定義はない?

実はマンションとアパートに明確な定義はありません。専門家である不動産屋の間でも明確なものはなくマンション、アパートは曖昧な定義の上で区別されていることになります。

極端な話、見るからに『アパート』の物件を『マンション』と謳ったりすることもできます。ただ、混乱や勘違いをまねくのでそのようなことをする業者はいませんが。

②どうやって区別してるの?

明確な定義がないにしても募集では『貸マンション』や『貸アパート』のように分けられています。ではどのように区別して決めているのでしょうか。

階数や構造などで分ける

マンションの大まかな定義
・3階建て以上
・SRC造、RC造等
・しっかりしたエントランス有り

アパートの大まかな定義
・3階建て以下
・木造、軽量鉄骨造等
・エントランスがない場合あり

あくまで不動産屋判断なのですべて当てはまるわけではありませんがだいたいこの定義で区別できるでしょう。判断が難しい3階建ての時は構造や共用部の充実具合で決められていることが多いです。

③マンションのメリットデメリット

メリット

・防音・耐火・耐震性に優れている

・設備や防犯性に優れている

・高級感がある

コメント:
物件によって様々ですが構造がしっかりしていて設備、セキュリティ面も充実しています。外観も高級感があるところが多いです。

 

デメリット

・家賃相場が高い

・エレベーターがないと不便

コメント:
構造や設備の関係上アパートより家賃相場が高くなる場合があります。また古い物件でエレベーターがないところは上層階の昇り降りは非常に不便です。

 

こんな人にオススメ

・女性やファミリー層

・設備の充実している物件希望

・防犯性重視

・高層階に住みたい

 

④アパートのメリットデメリット

メリット

・家賃相場が安い

・入居しやすい(審査等)

コメント:
同じ間取り、類似の近隣環境で比べた時、マンションと比べて1万円近く相場が安いことも。また、気持ち程度ですが審査などがマンションに比べ通りやすいです。

 

デメリット

・防音性・防犯性が低い

・共用部の設備が乏しい

・見栄えはマンションに劣る

コメント:
構造上防音性が低く、隣や上下の音が気になるなんてこともしばしば。最近ではオートロックなどの設備が充実しているところもありますがマンションに比べて設備が劣るところが多いです。

 

こんな人にオススメ

・学生、男性単身

・家賃を抑えたい

・部屋に質を求めない人

 

⑤まとめ、不動産屋のアドバイス

 

要点まとめ

・明確な定義はない

・階数や構造で区別している

・マンションの方がグレードが高い

・アパートは家賃相場が1万円程安い

いかがでしたでしょうか。お部屋探しにはそこまで重要な知識ではありませんが知っておくと便利です。どっちがいいか迷った時は実際に内見したり担当者の話を聞いて決めましょう。

あまお
あまお
最後まで読んでくれてありがとう!他にもためなる記事があるから関連記事から飛んでみてね!