お部屋探し編

部屋探しから契約・入居までの流れを解説!最短何日で入居できるの?

初めての部屋探しでは入居までにどういった段取りでどれくらいかかるのか気になりますね。ここでは入居までの流れを解説、また最短何日くらいで入居できるのか、また申込みから最長でどれだけ先延ばしできるのかなど見ていきましょう。

①入居までの流れ

 

Step1 条件設定

まずは事前準備として自分がどういった間取りでどのエリアに住みたいたいかなどざっくり条件を決めます。SUUMOやHOME‘Sなどのサイトで住みたい部屋のイメージを探しておくと良いでしょう。

Step2 不動産屋へ来店

条件が決まったら不動産屋に行きましょう。土日祝や繁忙期は事前に訪問の予約をしておくとスムーズです。希望の条件を伝え候補の物件を探してもらいましょう。部屋決めでは1日で済む場合もあれば気に入ったのがなければ何度か通うことになります。

気に入った物件があればその日のうちに内見・申し込みと進むので少なくとも半日、できれば1日空けておこう。

Step3 物件内見

気になる物件が見つかったら内見をしましょう。できれば複数の物件を回りその中に気に入った物件があれば申し込みをしましょう。時間を気にして内見すると見落としがあって後々後悔するので時間に余裕をもって内見しましょう。

Step4 申込み・審査

申込み書に必要事項を記入し、必要書類を提出して入居審査に入ります。入居審査には1日~3日(定休日は除く)ほどかかるので不動産屋からの連絡を待ちましょう。

Step5 契約

審査に通過したらいよいよ契約。契約前に初期費用を支払い、契約日を決めて契約。契約では重要事項の説明、契約書の交付、記名・押印、その他注意事項説明などで2時間ほどかかります。

Step6 引っ越し

契約や手続きを済ませたら晴れて新生活のスタート。鍵を事前に受け取り賃料発生日以降で入居します。

あまお
あまお
どこの不動産屋でも基本はこの流れ!場合によっては大家さんと面会することもあるよ!

②最短何日で入居できる?最長は?

上記のStep4の申込みからStep6の引っ越し(賃料発生)までの目安はおよそ2週間です。それでは急ぎの場合最短何日で、また引き伸ばしたい場合はどれくらい先にできるのでしょうか、見ていきましょう。

最短何日で入居できる?

支払・手続き・契約がスムーズに行けば申し込みから1週間~10日ほどで入居できます。ただ、不動産屋で期日の指定があったり、審査や手続きに時間がかかる場合は目安の2週間ほどになってしまうことも。

あまお
あまお
空き状況でよく見かける『即入居』や『即時』はその日のうちに入居できるという意味ではないよ!

 

最長でいつまで延ばせる?

逆に申し込みから賃料発生日(始期日)を最長で延ばせるのでしょうか。不動産屋や大家さんにもよりますが延ばせたとしても申込みから3週間~4週間ほどでしょう。理由は延ばしただけ空室期間が長くなり大家さんには不利益だからです。不動産屋によってはぴったり2週間後で指定のところもあります。閑散期や空室期間の長い物件は多少の交渉はできますがある程度従っておくべきでしょう。

あまお
あまお
やむ負えない場合はもったいないけど家賃だけは払って後々引っ越しするしかないね!

まとめ、不動産屋のアドバイス

 

要点まとめ

・来店から申込みまでは1日でできる

・審査は1~3日ほどかかる

・申込みから入居の目安は2週間

・最短で1週間~10日で入居できる

・最長では4週間ほどで交渉が必要

いかがでしたでしょうか。流れや期間を知っておくことで余裕を持った部屋探しができます。大枠を紹介しているので詳しくは不動産屋の担当者にその都度確認とるようにしましょう。

あまお
あまお
最後まで読んでくれてありがとう!他にもためなる記事があるから関連記事から飛んでみてね!