なるほど知識編

SLDKの『S』とは?LDKとSLDKの違いは?LDK+Sと同じ?

間取り表記を見ると『2SLDK』や『2LDK+S』などを目にすることがありますがこの『S』とは何を指すのでしょうか?この記事では『S』は何を指すのか、LDKとの違いなどを解説していきます。

SLDKの『S』とは?

SLDKの『S』とは・・・

サービスルーム(納戸)のことを言い、建築基準法に定められている採光や換気の基準を満たしておらず、居室1部屋として認められない部屋のことを指します。

それなりに広く部屋として利用できる場合もありますが一般的には物置など収納スペースとして使われることが多いです。ちなみに『SLDK』と『LDK+S』は同じ意味です。

LDKとSLDKの違いは?

LDKとSLDKの違いはサービスルームがあるかどうかです。例えば2LDKと2SLDKを比較した際

2LDK・・・リビングダイニングキッチン+2部屋

2SLDK・・・リビングダイニングキッチン+2部屋+サービスルーム

となります。

あまお
あまお
感覚的には3LDKの1部屋が少し狭くなったような間取りだね。

 

要点まとめ

・SLDKのSとはサービスルーム(納戸)の略

・サービスルームとは居室としての基準に満たない部屋のこと

・SLDKとLDK+Sは同じ意味合い

・LDKとSLDKはサービスルームがあるかどうかの違い

 

BITPOINT

★タイアップキャンペーン★

BITPOINT
上記バナーより無料口座開設で
なんと3000円相当の仮想通貨が貰えます!!
前に爆上がりして億った人もいる銘柄だから上がるのを待ってから売るのもアリ
手数料無料や初心者でも使いやすい仮想通貨取引ならBITPOINT!

【暗号資産取引に関するリスク説明】
暗号資産取引は、価格変動・流動性・システム・信用リスクなど、様々なリスクが存在しますので、取引の特徴、仕組み及びリスクについて、十分にご理解いただいたうえで、自己の責任とご判断によりお取引ください。