基礎編

礼金とは?何のためのお金?相場は?敷金との違いは?【基礎編】

礼金は契約時に初期費用の一部として支払うお金ですが実際にどういったお金なのかどうゆう用途なのかあまり知らない人が多いのが現状です。何のためのお金なのか、また敷金との違いなど見てみましょう。

①礼金とは?何のためのお金?相場は?

礼金とは賃貸の契約時に支払うお金で大家さんに『部屋を貸してくれてありがとう』という意味で渡す謝礼金です。昔、部屋が不足していた時代に大家さんに感謝の意を込めて包んだという風習が今現在の礼金制度として残っているとも言われています。ですが住宅が沢山ある現代では無駄な出費のような気もします。

礼金の相場は大体賃料の1か月分です。一昔前は2か月分が相場で今でも新築や人気エリアでは強気な大家さんが2か月分取るところもあります。しかし最近では謝礼金という性格も弱くなり礼金ゼロ物件も多く出てきています。

②敷金との違い、比較

敷金と礼金、敷礼などと呼ばれ2つセットなイメージがありますがそれぞれ違いがあり、あまりなじみのない人は区別がつかないと思います。それぞれの復習もかねて比較表を見てみましょう。

 

あまお
あまお
表で見ると違いが分かりやすい!用途をみると敷金の方が礼金より必要度が高いね!敷金の記事も併せて読もう!

③礼金は抑えられる?交渉でなくすことはできる?

敷金ゼロであると退去時に実費で原状回復費用を払わなくてはならないなどデメリットがありますが礼金ゼロであっても、入居時や退去時のデメリットはありません。初期費用を抑えたい方は礼金ゼロ物件を狙ってみてはどうでしょうか。

礼金を抑えられる?

一番簡単なのは礼金ゼロの物件を探すことです。不動産屋に行く際は希望条件として礼金ゼロ物件を探してもらいましょう。また、SUUMOやアットホームなどのポータルサイトでも敷金礼金ゼロ物件の特集が組まれていたり、検索条件に設定することもできます。

交渉で礼金をなくすことはできるのか?

正直上の方法に比べかなり確率は低くなります。例えていうなれば結婚式参列のご祝儀をケチるみたなものであまり気持ちのいいものではありません。しかし、時期・空室期間・地域によっては応じてくれる可能性はあるので担当者に相談してみる価値はあるでしょう。

④まとめ、不動産屋のアドバイス

 

要点まとめ

・礼金とは契約時に借主(大家さん)に支払う謝礼金

・大家さん部屋を貸してくれてありがとうの意味合い。返ってこない。

・敷金と比べ必要度は低く、最近では礼金ゼロ物件も増えている。

・相場は家賃の一カ月分(例外あり)

・交渉で礼金をなくすのは非常に難しいが試す価値はある。

いかがでしたでしょうか。関連記事やあわせて読みたい記事もご覧いただくと理解が深まるので是非読んでみてください。