基礎編

敷金とは?退去時返還される?敷金の用途や注意点とは?【基礎編】

敷金は契約時に初期費用の一部として支払うお金で広く一般的には預り金とした意味合いで認識されています。度々トラブルになることもあるので敷金について理解しましょう。

あまお
あまお
部屋を借りるうえでの基礎中の基礎!しっかり確認しよう!

①敷金とは?敷金の相場は?

敷金とは賃貸の契約時に支払うお金で賃料の不払いや退去時の原状回復費用(クリーニング費用等)に充てるため貸主が担保しておくお金または預り金のことです。借りる側からすれば『なんで預けなきゃいけないの?費用がかかった時に払えばいいじゃないか!』と思うかもしれませんが、居住中や退去後に費用を徴収するのは現実的に簡単ではなく大きな手間がかかる為、契約時に預かるのが一般的になっています。

敷金の相場は大体賃料の1か月分です。最近では敷金礼金ゼロ物件も多く出ていたり慎重な貸主さんですと2か月分預かるところもあります。また、ペットを飼育する際や居住用の部屋を事務所使用する際は敷金を積み増しするケースもあります。

②敷金は退去時返還される?いつ頃戻ってくる?

一般的な賃貸では敷金からクリーニングなどの原状回復費用を差し引いて余ったお金は借主に返金されます。俗にこれを敷金精算といいます。お部屋をキレイに使っていれば基本的に預け分より費用がかかることはないでしょう。敷金は初期費用として結構な負担となりますが退去時必ずかかってくる原状回復費用にあてられるため、必要な費用であると言えます。

つまり、敷金ゼロの物件が最近増えてきていますが、それだと預けているお金がないので退去時にクリーニングなどの原状回復費用を実費で支払わなければなりません。退去時思わぬ出費になりますので敷金は頭ごなしに値引きしたりカットしようとしないほうがいいでしょう。

敷金精算がされ、返還される時期は退去後およそ1か月以内ほどです。時期や補修部分の多さによっても前後するので念のため担当者に確認すると良いでしょう。

 

あまお
あまお
部屋の汚れ具合や壊れている箇所など人によって違うから前もって金額は決められない!退去時や退去後すぐはまだ返金されないよ!

③【比較図】礼金との比較

ここでは礼金との違いを表にまとめています。併せて礼金の記事も読むと理解が深まります。

 

 

④まとめ、不動産屋の観点

 

要点まとめ

・敷金とは契約時に借主(大家さん)に支払う預り金

・トラブル防止のため貸主が担保する意味合いがある

・敷金は必要な費用、最初負担はかかるが削減すればいいというわけではない

・相場は家賃の一カ月分(例外あり)

・退去時に原状回復費用を差し引いて返還される(敷金精算)

・退去からおよそ一カ月以内に返還される

 

いかがでしたでしょうか。この知識を踏まえて不明な点等は不動産屋の担当者に確認するようにしましょう。また退去時の敷金精算に関しては不動産トラブルの中でも件数が非常に多いです。関連記事やあわせて読みたい記事もご覧いただくと理解が深まるので是非読んでみてください。